家具の材質に合わせたボード選びは重要

部屋の細々したものを収納して、おしゃれに演出してくれるボードですが、いろんなものがあって選び方に迷ってしまいます。ボードを選ぶ重要なポイントは種類、サイズ、素材です。種類はサイドボードやテレビボード、キュリオボードなどと分かれ、どこに置くかで変わります。またサイズは置ける場所が限られていますから、きちんと採寸し、そのボードの種類によってサイズ感を変えることでおしゃれに見せることができます。例えば、テレビボードであれば、テレビのサイズと同じか、もしくは少し大きめの方がよいです。また他の家具とごちゃごちゃしてしまってはスッキリどころではありませんから、生活導線との兼ね合いを考慮すべきです。最後に大切なのは素材です。他の家具との統一感を崩さないようにしっかりとイメージして購入します。最近よく聞く魅せる収納を実現するには部屋の雰囲気に合わせた素材選びが大切です。

家具の中のボードの種類や特徴を説明します

インテリアや家具は頻繁に購入するものではないために、選び方に慣れている人は少ないと思います。更には家具の違いや種類について知る機会も少ないです。例えばボードには種類があり、サイドボード、ダイニングボード、テレビボード、サイドボード、キュリオボード、シェルフとたくさんありますが、明確にイメージできるのはテレビボードくらいです。リビングボードはダイニングボードと似て非なるもので、ダイニングボードは食器を入れる箱物家具、リビングボードは雑貨や日用品を収納する箱物家具です。サイドボードにも似ていますが、大きさで分けられています。サイドボードはキャビネットとも呼ばれ、機能的にはリビングボードと同じです。テレビボードより少し高めの作りで、リビングボードよりも低い家具です。テレビボードはその名の通り、テレビを置くものです。

ボード選びでより家具を引き立てます

まず自分の中でイメージ固めるとよいです。また収納するものは何かを考え、その物の大きさや量を把握することで、どれくらいの大きさのボードが必要なのかが見えてきます。次に置く場所を決めます。スペースの確保、生活導線の妨げにならないかをイメージします。その中で部屋全体のレイアウト変更も考えます。更に部屋全体の雰囲気との相性を考えます。色味やテイストや素材がちぐはぐだと雑然とした印象を与え、落ち着かないお部屋になってしまうので気を付けたいです。以上の事を踏まえてイメージが固まったら、実際の物をお比較検討します。デザインはもちろんですが、引き出しは開けやすいか、収納の容量はどうか、棚板を動かせるかなどを確認します。あとは長く使えるかを見極めるために、耐久性の確認です。木製家具の表面材や金属ラックのサビ対策を調べます。またお手入れのしやすさなども考慮したい点です。