部屋に馴染ませる家具の一つであるボードの選び方

家具や家電が家の中で最も多く存在するリビング、家族が多く物も多いと特に部屋が雑多な印象になってしまいますが、そんな部屋をすっきりと見せてくれるのが収納アイテムでもあり、家具の一つでもあるリビングボードです。格安の家具を取り扱う大手のチェーン店や、通販の家具ショップなど様々なお店でリビングボードを取り扱っていますが、サイドボードやテレビボードなど種類が様々ありどれにすれば良いのか迷ってしまう事でしょう。使用目的や部屋の大きさによっても選ぶリビングボードが変わってくるので、状況に合わせたリビングボードを手に入れるため、どのような種類がありどのような用途に合っているのかを勉強しておきましょう。選び方には3つのポイントがあり、ボードの種類と素材と大きさが大切になってきます。

リビングボードは4種類あり使用用途で選ぶ

リビングボードの種類は大きく分けると4種類あります。サイドボードにテレビボードというよく聞く名称のものから、キュリオボードやシェルフといった少々馴染みのない名称のボードまであり、ますます迷ってしまいますがそれぞれ適した使用用途があります。まずサイドボードは引き出しや扉の中に収納があり、それと飾り棚が一緒になったタイプの家具です。これはリビングでごちゃごちゃしてしまう小物をしまいながら、物を飾ったりしてインテリアとしても楽しむ事ができる腰くらいから肩くらいまでの高さのボードです。テレビボードはその名の通りテレビ台も兼ねている収納家具で、テレビ周辺のDVDプレーヤーやレコーダーなどを収納しやすくなっていたり裏側に配線を収納する機能が付いていたりしてテレビを乗せると丁度よく収まるように作られています。

種類を理解したら素材や大きさを確認して購入する

キュリオボードは収納というよりも、食器やフィギュアなどコレクションを並べて飾る事が目的のボードです。背面がガラスや鏡張りとなっているので美しく見せる事ができますが、小さなお子さんやペットのいるご家庭には少々注意が必要でしょう。最後にシェルフですが、これは壁一面を収納として利用しつつお洒落に飾る事が目的の収納家具です。壁一面を収納スペースにするので大容量の収納であることはもちろん、写真などを間に飾る事もできまさに一石二鳥のアイテムと言えます。どのボードを選ぶにしても自分が思っているサイズと素材感であるかどうか、実際に部屋に入るかどうかなどをしっかり確認してから購入するとイメージ通りの物が購入できるでしょう。既製品で100%希望通りの物は難しいですが、優先順位などを付けて選ぶと良いかも知れません。

直線を基調としたデザインの中に匠の技と無垢材の持つ優しさを表現した「ダン」シリーズがあります。 家具蔵のキッチンには、フルオーダー対応にて製作するキッチンプログレスとお求めしやすい価格と使い勝手のいい規格のベーシックタイプがあります。 4本脚による軽やかさと美しいフォルムとエレガントさが光る「エミネント」シリーズがあります。 無垢材のボードをお探しなら家具専門店のこちら!